【映画感想レビュー】『リメンバー・ミー』は大人こそ観るべき作品

今回はピクサーの映像作品「リメンバー・ミー」の感想レビューについて書きました。

ゆい

家族との絆はちょっとやそっとでは切ることができないと、改めて感じさせてくれる映画でした!

映画『リメンバー・ミー』のあらすじ

家族愛がテーマとなるピクサー作品です。

映画館で観終わった後、家族に会いたくなってしまいました。物語の舞台はメキシコ。

ここに暮らすミゲル・リヴェラという少年が主人公です。

靴屋として生計を立てるリヴェラ家にはあるルールがありました。

それは音楽を聴くことも、演奏することも禁止というものでした。

なぜなら彼が生まれるずっと昔、彼にとってはひいひいおばあちゃんの時代、夫であるひいひいおじいちゃんは家族を捨て音楽を取り家を出てしまったのです。

このことが原因で、リヴェラ家では音楽に関するものが禁止となりました。

しかし、ミゲルはギターが好きで歌うことも大好き。

そんな彼が家族と衝突してしまうのは当たり前ですよね。

死者の日に家出してしまった彼はひょんなことから死者の国に入り込んでしまいます。

ミゲルはひいひいおじいちゃんと出会い、自分の気持ちを分かってもらいたい。

そのために、ひいひいおじいちゃんを探そうと決意するのでした。

でもそこには家族の重要の秘密があり、ミゲルはこの死者の国で今まで知らなかった事実と直面します!

また夜明け前までに家族の許しを得なければ、現実の世界に戻ることができないミゲルはちゃんとひいひいおじいちゃんに出会うことができるのか?

そして、現実世界に戻ることができるのかというところが見どころになります!

映画『リメンバー・ミー』はヘクターとミゲルの声がぴったりの配役

死者の国で行われたコンサートに二人は出場するのですが、楽し気に歌っているところがすごく良かったです!

死者の国にやってきてしまったミゲル。

彼に協力してくれたのは、ヘクターと言う青年の死者でした。

実は彼には娘がいるのですが、彼は娘が小さい頃に亡くなっていました。

死者が家族に会うためには、祭壇に写真を飾ってもらわなければいけません。

ヘクターはミゲルを利用して祭壇に写真を飾ってもらおうと考えているので、なんとしてでも彼を現実の世界へと戻したいと思い協力してくれます。

最初はあんまり気が合わない雰囲気だったのですが、お互いに音楽が好きと言う共通点がありました。

生前は音楽で生活をしていたというヘクター。

ヘクターの日本語版の声優は藤木直人さんが務めているのですが、とっても素敵な歌声でまさにこの役にピッタリだと感じました。

もちろんミゲルの歌もすごく良かったです。

声優を務めたのは石橋陽彩さん。

それまであまりミゲルの歌っているところはなかったのでどうなんだろうと思いましたが、歌声がとにかくすごいの一言に尽きます。

二人の息がぴったり合っていて、観ている方も楽しくなりました。

映画『リメンバー・ミー』は忘れられてしまった死者の最後のシーンが印象的

祭壇に写真を飾ってもらわなければ、死者は生きている家族と会うことができないと先ほどお伝えしました。

この作品では、忘れられてしまった死者の最後に関しても描かれています。

ここのシーンが一番強く記憶に残っています。

ヘクターも住んでいる死者の国のとあるエリア。

このエリアには忘れ去られてしまった死者たちが集まっていました。

どこかみんな元気がない様子です。ヘクターとミゲルはとある死者へ会いに行きます。

その死者はヘクターに一曲歌ってくれと頼みますが、その歌が終わるころ、彼の姿が消え去ってしまいます。

忘れられてしまった死者は死者の国にもいられなくなるのです。

だからこそ、祭壇に写真を飾るということはとても重要になるのでした。

ヘクター自身も、もう娘の命が間もないためこのままでは忘れられてしまうと危惧していました。

だからこそ、ミゲルには一刻も早く元の世界に戻ってほしいのでした。

映画『リメンバー・ミー』は家族との繋がりを思い出させてくれる

リメンバー・ミーは、家族とのつながりを思い出させてくれる作品です。

ヘクターとミゲルの出会った死者の存在からみても、仮に亡くなってもずっとそばにいてくれる存在であると痛感させられます。

またミゲルが死者の国にきてすぐに出会ったのは彼の親族たち。

そして、許しをくれたのはひいひいおばあちゃんでした。

しかし、どうしてもひいひいおじいちゃんに会いたいミゲルは再び戻り彼らから逃れようとします。

すぐにでも戻そうとするミゲルの親戚たち。

そうでなければ、ミゲルの命さえ危ないからです。

死んでも尚、自分の子孫を思う彼らを見ているとやっぱり血のつながりってとても大切なんだなと思います。

現実世界では一度も出会ったことがなくても、彼が生まれたことは知っているしどんなことがあっても守ろうとしてくれる存在なのです。

映画を観ていると、本当に家族は切っても切れない存在なのだと思います。

最近家族に会っていない人や、新しく家族ができた人にはぜひ見ていただきたい作品です。

映画『リメンバー・ミー』は大人だからこそ楽しめる作品

ひいひいおじいちゃんを探し、死者の国を冒険するミゲル。

ヘクターと共に様々な場所を訪れます。

時には歌ったり、ギターを弾いたりしながら。

その様子は観ている方も楽しくなります。

死者の国でひいひいおじいちゃんと思われる人物と出会うことができたミゲルですが、同時に彼はここに来なければ知ることのできない事実を知ることになってしまいます。

秘密の事実を知ったとき彼は死者の国から脱出することができなくなってしまうのですが、彼を助けてくれるのは家族でした。

家族が彼を助け、彼もまた家族を助ける。

家族との絆はちょっとやそっとでは切ることができないと、改めて感じさせてくれる映画でした。

子供向けのアニメーションと思っていると最後には裏切られてしまう展開は、大人だからこそ観てほしい映画作品です。

映画『リメンバー・ミー』はU-NEXTで見ることができます。

30日間無料

 

U-NEXTなら新規登録で600円分のポイントが付いてきますよ。

>>『リメンバー・ミー』をU-NEXTで見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA