映画『帝一の國』の総合評価とあらすじ・ネタバレ感想まとめ!

映画『帝一の國』総合評価とあらすじ・ネタバレ感想についてまとめています。

それでは、どうぞご覧下さい!

映画『帝一の國』の総合評価&あらすじネタバレ

2017年に公開された菅田将暉さん主演の映画作品です。

菅田将暉さん自身がとってもカッコいいのですが、他のキャストもイケメン揃いな映画でもあります。

どんな物語かと言うと、主人公は菅田将暉さん演じる赤羽帝一です。

彼は「総理大臣になって、自分の国を作る」ことを夢に掲げて生きてきました。

ちなみに彼の父親は現在の通産省の大臣。

父親も昔通っていたという日本一の超名門・海帝高校に彼は入学することになります。

この海帝高校でトップになるということは、将来、内閣入りが確約されているといっても過言ではありません。

そんな海帝高校に首席入学した帝一。

しかし、この高校に入学し、トップを狙っているのは彼だけではありません。

帝一の親友・榊原光明(志尊淳)や幼馴染でライバルの東郷菊馬(野村周平)など様々なイケメンで頭の切れる人物が登場します。

単にイケメン揃いの映画ではない作品です!

映画『帝一の國』の感想、ここが良かった

海帝高校のトップは、生徒会長というポジションです。

会長になるために、それぞれの思惑を抱きながら行動していくところが良かったと思います。

入学してから生徒会長になるには、まずクラスのルーム長になる必要があります。

もちろん、帝一も光明と共にルーム長・副ルーム長となります。

そして、次期生徒会長を選ぶ際に、二年の氷室ローランド(間宮正太郎)に付き、自ら忠犬と宣言し彼を生徒会長にさせるために試行錯誤します。

一方菊間も氷室派に付きますが、忠誠心は少なく、むしろ帝一をどうやって陥れようかとずっと考えている部分があります。

生徒会長選の中で、いろいろな画策が働いているのに、まったくこれに興味を持っていない人物もいました。

それが大鷹弾(竹内涼真)です。

全然会長選に興味を持たない彼ですが、好青年で周りからとても慕われています。

彼を仲間に入れようとした氷室ですが、これに失敗し弾は森園億人(千葉雄大)に付くことになります。

こうした思惑が交差していくところが面白かったです。

映画『帝一の國』の印象に残ったセリフ・シーン

印象に残るシーンはとても多いです。

まず、氷室派の団結のために行われたふんどし一丁での太鼓演奏は衝撃的でした。

イケメンたちが裸一貫で太鼓を叩く姿はちょっと異様な気がしました。

あと、会長選の中で帝一は氷室派から森園派へと移り変わるのですが、森園派が選挙当日に、氷室から現金を受け取る代わりに票を入れることを約束した者たちに罪悪感を抱かせようとマイムマイムを運動場で行います。

なんで、マイムマイム?と思うのですが、これがなぜか功を奏して最終的には森園が生徒会長になります。

こういうちょっと変わった演出がなされているところが、この作品で特に印象に残っています。

あと、帝一は真面目と言うか、こう思ったらそこへ走り抜ける部分があるのですが、氷室の父親と自分の父親とが因縁を持つ間柄であり、氷室はその内帝一を捨てるつもりであったことを知り、切腹をしようとする場面があります。

真剣なあまり行き過ぎるところがあって、実際にこんな人物が身の回りに居たら大変な苦労をするだろうな、と思ってしまいます。

映画『帝一の國』はこんな人におすすめ

やはりイケメン好きな方には観ていただきたい作品です。

いろんなカッコいい俳優さんが登場するので、観ていて目の保養になります。

もちろんストーリーとしてもどのように展開されていくのか分からないので、目が離せない作品でもあります。

様々な人物が、自分がトップに立つという思いを持って動いているところがみどころです。

でも、自分の作戦に足を取られてしまうこともあったり、また弾のようにトップになることに全く興味を持っていない人物もいたり、思うようになかなかいかない部分もあります。

また、紅一点、帝一の幼馴染であり彼女の白鳥美美子(永野芽郁)と帝一のやり取りも可愛らしくてほわんとします。

二人が付き合っているということは父親には秘密で、こっそりとデートをしたり、糸電話でやり取りをしています。

この二人がどうなるのかと言うところも見どころですし、普通の恋愛映画とは違った雰囲気もあるので、恋愛映画が苦手な人にもおすすめです。

映画『帝一の國』感想まとめ

イケメンばかり登場するこの映画。

観ていて十分楽しめるのですが、物語としても、それぞれの登場人物がトップに立つことを目標に動いているので、どんな結果になるのか想像が全くつきません!

シリアスな雰囲気がある一方で、全員でマイムマイムを踊ったり、真面目に切腹をしようとしたりする主人公がいたりと笑える部分もある映画です。

将来、総理大臣になることを目標に海帝高校に入学した帝一が、その足掛かりとなる生徒会長になれるのかどうか、というところが最大の見どころです。

最後まで観なければ、どういう結果になるのかわかりません。

また帝一と美美子のかわいい恋愛模様も見どころの一つです。

付き合っているけれど、糸電話で会話したりとちょっと幼い関係です。

この二人の今後も気になる作品です!

映画「帝一の國」はAmazonプライムビデオで視聴可能

実写映画「帝一の國」は、U-NEXT・Amazonプライムビデオで見ることが可能です。

以上、「映画「帝一の國」総合評価とあらすじ・ネタバレ感想まとめ!」でした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA